FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆5武将-呉国編 諸葛恪

武将評価 呉
06 /13 2018
11.諸葛恪


1.02の攻撃はあってもなくてもいいギリギリのラインです。1.94の防御は弓兵の中ではかなり強く、物理技への耐性があります。1.71の知略も呂蒙の1.64と比べると割りかし優れているといえます。
この武将は防御する分には何も欠点がないですが、問題はどの能力値も攻撃する分には火力不足です。
0.73の速度は普通で、歩兵よりは速いくらいです。攻撃距離3はいいことですが、攻撃が高くないので回馬はあまり合わないです。
次に固定技の智高性復ですが、まず回復率300%が何の影響を受けるかは不明です。要検証です。
 
続いて主動戦法の減ダメが36%(防御影響)とありますが、これを理由に諸葛恪に防御振りするのはお勧めできないです。策略攻撃と策略防御の両方に使える知略振りの方が良いです。
この技の回復システムはとても面白く、中軍と本陣の主動戦法に依存するためにやや不安定だといえます。しかしながら回復量が凄まじいので実戦では相当強い効果を発揮します。中終盤で初めて発動すると5000近くの回復量に達することもあります。主動減ダメと相まって、諸葛恪はとても硬いです。
但し問題は自分が強いだけで味方に何も効果を及ぼさないことです。群董卓ととても似ていますね。
さて次に部隊編成に移ります。諸葛恪は前鋒固定ですが、中軍本陣は主動戦法持ちである必要があるものの、発動率が100%ではいけません。回復効果の発動回数が1人3回までという制限があるためです。
呉レンが一番適していますが、呂蒙は明らかに諸葛恪の上位互換なので、諸葛恪は呂蒙がいない呉レンの補欠役となります。
呉レン以外であれば、孫尚香と孫権の主動戦法発動率がまあまあいいので相性が良いでしょう。
諸葛恪自身につける戦法としては知略がそこそこあることを生かして危崖、堅守兵法、養精畜鋭などが挙げられます。
 
分析技の疾風迅雷ですが甘寧編で述べたので割愛します。余ったら分析くらいで良いです。
まとめ
立ち位置:壁
連携武将:基本的には前鋒の補欠です。あえて言うなら周瑜、陸遜、孫権、孫尚香あたり。
戦法:危崖、歩歩、堅守、養精など。
実用度:B+
協調性はないですが自身はそれなりに硬く、s1ならそこそこ活躍できる武将でしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

さっそくの評価ありがとうございます。
イケてるかと思ったのですが、微妙な感じですね。。

ロクなのが居ない中で、孫尚香+孫権+太史慈から孫尚香+太史慈+諸葛恪に変えようかと思いましたが、
この感じですと大幅な改善は見込めませんね。。

ありがとうございました!!

歩皇后も最近手に入ったので評価をお願いします!!
なんか戦法にするしかないのかなって。。( ゚∀゚)・;’.、グハッ!!

弓諸葛亮も手に入りましたので、
評価していただけますと幸いです☆╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
どうぞ宜しくお願い申し上げます!

戦法について

かふかさん、初めましてー
いつも、更新を楽しみにさせていただいております。

☆4分析戦法の激昂について教えて下さい。
物理戦法と策略戦法の攻撃力アップの戦法のようですが、
激昂が発動し、他の戦法が発動しなくても、通常攻撃だけは、
攻撃力アップしますか?
群、董卓に付けるかを検討しております。第3戦法は臨危か死士突撃を
考えております。
かふかさんの考えを教えていただけら、嬉しいです。
お忙しいとは思いますが、宜しくお願い致します。

Re: ☆5武将-呉国編 諸葛恪

激昂は通常攻撃にも効果を及ぼしますが、正直あまりお勧めできません。うまく高威力の戦法と一緒に発動できれば強いですが確率が相当低いので、一発屋の部隊に持たせるべきです。

董卓は臨危と死士突撃の両方を持たせれば良いでしょう。

激昂は
・固有戦法が強力な追撃戦法の武将に
・さらにもう1つ追撃戦法をつけて
・他の武将の戦法によって2回攻撃と分兵状態にして
初めて戦法枠1つを使う価値がある戦法だと思います。
王異や太史慈ぐらいでしょうか。猶予と臆病両方の影響を受けるという欠点はありますが、上の条件で使うとうまく発動した時は驚くような威力が出ますよ。

回答ありがとうございます

激昂、使いにくいですね~
董卓の件でしたので、董卓の頁で質問するべきでした。
初めてでしたので、勝手がわからず、すみません。
また、質問させていただきます。

かふか

1・2合同鯖で大三国志のシーズン2をまったりプレイしている者です。
中国サイトの良質攻略記事を運搬し、自分のゲームプレイ経験を織り交ぜて攻略記事を綴っていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。